アスリアの「ことば」に関する雑知識

語源、名言、音楽関連の言葉など、言葉に関する雑学のブログです。

☆かき氷

 二〇一二年八月八日
 ☆かき氷
 かき氷の歴史は意外に古く、清少納言の『枕草子』に、
「あてなるもの 削り氷にあまづら入れて、新しき金まりにいれたる」
 というのがある。
 かなまりとは、金属製のおわん。
 あまづらとは甘葛のことで、作り方は、
 1.ツタを伐採し、さらに30センチ間隔に切り取る。
 2.切り取ったツタの一方に口を当てて息を吹き込み、中の樹液を採取する。
 3.採取した樹液を煮詰めて水分を飛ばし、粘りのあるシロップ状にしたら出来上がりである。
  昔は貴族だけの楽しみだった。
 幕末横浜では、輸送された氷を使って、横浜の馬車道に氷屋が出現。
 その後、明治時代には、製氷所がつくられるようになった。