読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスリアの「ことば」に関する雑知識

語源、名言、音楽関連の言葉など、言葉に関する雑学のブログです。

ドストエフスキーの絶望名言

ドストエフスキー

もしも何処かの山のてっぺんの岩の上に、ただ2本の足をやっと載せることが出来る狹い場所で生きるしか無らなくなったとしても、しかもその周囲は、そこしれぬ深淵、こうばくとした太陽、永遠の暗やみ、永遠の孤独と永遠の嵐だとしても

そしてこの方1メートルにもならぬ空間に、一生涯、千年万年、いや永久にそのままとどまってうなければらなくなったとしても

 それでも今すぐ死ぬよりは、そうしてでも生きているほうがまだましだ。

生きて、生きて、ただ生きていられさえいれば

例えどんな生き方でも

ただ生きていられさえした方がいい

なんという真実! ああ全く、なんという真実だろう。

 

まったく、人間と言うやつは何という厄介な苦悩を背負い込んでいかなければならないんだろう

人生には悩みごとや苦しみごとはやまとあるけれども

その報いというものははなはだ少ない。

絶え間の無い悲しみ、ただもう、悲しみの連続。

 

その生涯で、苦しい運命を体験し、

ことに、ある種の瞬間に

その悲哀を味わい尽くした者は

そうしたときに、まったく思いがけなく親身にも及ばない同情を寄せられることが

どんなに甘美なものであるかをよく心得ているものであります。

 

我々は、自分が不幸なときには、

他人の不幸がより判るものだ。

 

僕がどの程度に苦しんでいるのやら

他人にはけして判るもんじゃありゃしない。

なぜならば、それはあくまでも他人であって

ぼくではないからだ。

おまけに、人間てヤツは、他人を苦悩者でいることを

あまり喜ばないものだからね。

 

悲しみの中に、幸福をさがすのだ。